HOME-->>ニュース&活動報告-->>「宗像宣言」国連に手渡される

ニュース&活動報告

新しい記事→←古い記事

2017/08/27

「宗像宣言」国連に手渡される

第4回 宗像国際環境100人会議最終日フィナーレでは、地元宗像の学生さんにより「宗像宣言」が読み上げられた後、NYからいらしたお二人により国連へ提出されました。

「宗像宣言2017」

地球環境問題が深刻化する中、宗像国際環境100人会議では、今日の地球環境を把握するため、「南極」「PM2.5」「マイクロプラスチック」の取材に関わったジャーナリストからの情報を共有し、人類が引き起こしてきた環境破壊の実態をあらためて認識した。
ここ宗像の地は森里川海にも神々が宿るとして、畏怖畏敬の念をもって自然と共に生きてきたが、近年の地球規模による環境破壊により、この豊かなる地においても目に見える変化が生じはじめている。
特に宗像三女神を護ってきた宗像海人族の末裔たちの海では、温暖化による海水温の上昇により魚種が変化し、磯焼けが起こり、さらに大気汚染によって海そのものも汚れつつある。
私たちはこのような状況から少しでも脱却するため、「海の鎮守の森構想」を掲げ、学識者や実践家をはじめ地元漁業従事者及び子供たちとともに、昨年より竹漁礁を海に沈め、海辺の漂着ゴミ拾いなどを実践しているが、今日の環境の変化はさらにスピードを増し、早急なる対応が必要との結論に至った。
国際社会における地球環境問の認識は深まりつつあるものの、未だに一時的な事象との世論があることは否めない。しかし宗像の海の環境は明らかに悪化の一途を辿っている上に、海には国境がないため国際的な連携が必要とされるが、そのためには先ずは個々の価値観の転換からはじめなければならない。
奇しくも宗像においては、本年10月29日、第37回全国豊かな海づくり大会が開催される。水産資源の保全と改善を目的とした本大会は、海洋国家としての素晴らしい取り組みである上に、宗像国際環境100人会議においては、これを契機に「海の鎮守の森構想」をさらに進めることによって、国内外にこの活動の輪を広げてゆくことをここに宣言する。
平成29年8月27日




▶ニュース&活動報告 一覧へ戻る ▲top